スペルが似ているが、意味が違う英単語を覚えるコツ

安いオンライン英会話を探している方におすすめ!
オンライン英会話「ぐんぐん英会話」無料体験日記

スペルが似ているが、意味が違う英単語を覚えるコツ

スペルが似ていて、全く違う意味を持つ単語って、ややこしくて覚えにくいですよね?

 

このページでは、respectable, respectful などの、

 

似たようなまぎらわしい形容詞を覚えるコツを解説します。

 

コツを身に着けると、漠然と単語を暗記するより、記憶に残りますよ!

 

 

それでは、respect, respectable, respectful を例に説明します。

 

respect

 

意味:尊敬する

 

Why should we respect teachers?
なぜ先生を尊敬すべき?

 

respectable

 

意味:まともな、立派な、礼儀正しい

 

respectable は、後ろに able が付いています。

 

able は、〜できる、可能である、という意味ですが、

 

respectable friend
(自分が)尊敬できる友達 ⇒ (自分に)尊敬されている友達

 

「礼儀正しい友達」になります。

 

 

ここでは、「〜される」という意味で覚えてください。

 

respect(尊敬する) + able(〜される)
で、みんなに「尊敬される」⇒みんなに「尊敬されている…「まともな」「立派な」

 

He is a respectable teacher.
彼は立派な先生です。

 

尊敬されている先生⇒立派な先生

 

ということになりますね。

 

 

ible も同じように考えます。

 

contempt:軽蔑

 

contemptible:軽蔑に値する、情けない

 

contemptible person
情けない人

 

contempt + ible
軽蔑 + 〜される

 

⇒みんなに「軽蔑される」…軽蔑に値する、情けない

 

 

respectful

 

respectful:敬意を表す、丁寧な、礼儀正しい

 

respectful は、後ろに ful が付いています。

 

respect(尊敬する) + ful(自分が〜している)

 

で、自分が「尊敬している」⇒自分が「敬意を表している」

 

という意味になります。

 

 

respectful behavior
敬意を示す態度

 

How to be respectful to your teachers?
どのように先生に敬意を表しますか?

 

自分が尊敬している先生⇒敬意を表す

 

ということですね!

 

 

 

このコツを知っておくと、似ているが違う意味を持つ単語を覚えやすくなりますよ。