音読の練習方法

音読の練習方法記事一覧

英語を覚えるのに音読が良いと言われますが、どんな効果があるのでしょうか?音読を続けることで、英語が英語のまま頭に入ってくるので、スピーキングの力が身に着きます。英語の発音が分かってくるので、リスニングの上達にも効果があります。意味が分かっている英単語でも、使い方が分からないものがありますよね?何度も音読することでフレーズを習得し、その英単語の使い方が分かるのです。間違った発音のまま音読せずに、正し...

意味が分からないまま英文を音読するのと、意味を理解してから音読するのでは、学習の効果は違ってくるのでしょうか?意味が分からない英文を読むと、「この意味は何だろう、何だったろう」と、考えてしまって音読に集中できませんね。何度も音読することで、意味は分かっているのに使い方が分からない英単語の使い方や正しい発音を覚えます。理解できない英文を繰り返し音読しても、意味やイントネーション、区切り方も覚えられま...

リピーティングとは、英語音声を1フレーズ聞きとって停止し、音声を真似てそのまま繰り返す学習方法です。音声をそのまま真似ることで発音や英語のリズム、イントネーションを身につけることができるので、リスニング、スピーキングが上達します。何度も繰り返すので、英文を頭に刷り込む効果もあります。最初はテキストを見ながらでもOKです。慣れてきたら見ずにリピーティングします。完璧にリピートできるようになるまで、同...

シャドーイングの練習をすることにより、聞こえてくる英語の音を聞き取ることで、英語のリズムが身に付くので、リスニング力が向上します。英語を聞きとると同時に理解しないといけないので、英語のまま理解することが出来るようになります。繰り返しシャドーイングをすることによって、英文を記憶します。口を動かすことで、口の筋肉が英語を話すことに慣れます。同じ英語音声を何度も繰り返しシャドーイングしてください。英語音...

リスニングが苦手な方におすすめの学習方法がシャドーイングです。シャドーイングの目的は、リスニング力をアップさせることです。続ければ、速くて聞き取りにくい英会話でも、分かるようになりますよ!シャドーイングのやり方まず、英会話を聞いたらテキストなどを見ずに、すぐに口に出して言います。この時、日本語で意味を考えません。聞く英語音声は、難しすぎない、内容を理解できるものを選びましょう。できなかったら、繰り...

英語を聞いて同時にしゃべるのは、なかなか難しいですよね。自分の声が音声にかぶると、聞き取りにくくなります。声を出すと、先に進んだ音声が頭に入ってこないので、口の動きが止まってしまいます。そこで、上手くシャドーイングするコツをご紹介します!シャドーイングに効果的な環境作り自分の声を聞こえにくくするために、音声は大きめで、英語を聞くことに集中できるヘッドフォンの使用をおすすめします。スピーカーを使うと...

音読筆写とは、英語を音読しながら紙などに英文で書き取る方法です。音読すること、手で書くこと、英文を目で見ることによって、英語を効果的に覚えることができます。知っている英単語、理解できる英文を読みます。難しい英文では、途中で手が止まってしまいます。最初は短い、自分が正しく書きとれる英文で練習しましょう。

ディクテーションとは、聞こえた音声を紙などに書きとる学習方法です。リスニングのトレーニングになります。ディクテーションの効果聞き取った音声を書きとることで、聞き逃した英語(聞きとれなかった部分)を知ることができます英語のスペルミスを見つけることで、正しいスペルを覚えることができますどんな英語音声を選べば良いですか?自分のレベルに合った内容の音声を聞きましょう。理解できない英文をディクテーションして...

通勤電車など、音読したくても出来ない場所での学習には『リップシンク』をおすすめします。リップシンクとは?音声に合わせて、声をださずに口を動かすことです。口の形を真似します。リップシンクなら、発声しなくても発音時の口の動きを確認でき、覚えることができます。管理人は通勤中に英語音声を聞き、リップシンクをしています。英語の本を読むときもやっています。ただ英語音声を聞いているよりも、少し口のを真似るだけで...

音読に回数は関係ありません。音読100回、というのは単なる目安です。自分のレベルには簡単な英語なら、100回の音読で取得することができると思いますが、難しいと感じる英文なら、100回以上の練習が必要ですね。自分にとって覚えやすい英単語ならすぐ記憶できますが、そうでない単語もありますよね。「この例文を100回音読したら、次にとりかかろう」というように、勉強の区切りとして考えればよいと思いますよ。回数...

英語の音読は、何回すれば効果的なんでしょうか?自分の英語レベルと使用する教材などによって、効果的な回数は違ってくると思います。簡単な教材なら、何百回も音読しなくても覚えられるし、難しい教材なら、よりたくさん音読しなければ身につけることができません。80回、100回などと言われているのは、単なる目安に過ぎません。1つの単語につき50回する人もいれば、最初に30回音読し、間を置いて二回目、計30回×2...

発音記号は複雑でなかなか覚えられませんよね。しかし、発音記号の種類は多いように見えますが、アルファベットと重複しているものもあります。正しい発音をすることで、スピーキングだけでなくリスニングの上達にもなりますよ!そこで、発音記号を覚えるコツをご紹介します。発音記号はどこに掲載されていますか?英和辞典の巻末や最初のページ、単語帳、テキストなどに発音記号が掲載されており、簡単な単語を例に出して、発音方...

英語とローマ字は読み方が違います英語の読み方はローマ字読みと全く異なります。ローマ字は日本語をアルファベットで書いたもので、英語ではありません。英語は英語で読むしか方法は無いのです。英語は「発音記号」で読みます辞書やテキストなどの英単語の下や横に記載されている[ ]の中に書いてある記号を発音記号といい、英語の読み方を表しています。発音記号の多くはアルファベットと同じ形で表しています。例えば、aとe...

page top