英単語の読み方をカタカナで覚えても、英語が話せるようになりますか?

安いオンライン英会話を探している方におすすめ!
オンライン英会話「ぐんぐん英会話」無料体験日記

英単語の読み方をカタカナで覚えても、英語が話せるようになりますか?

発音が難しい単語は、ついついカタカナで読み方を書いてしまいたくなりますね。

 

カタカナの方が簡単で、発音記号を読むより手っ取り早く読み方が覚えられそうですが、

 

カタカナで英単語の読み方を覚えて、英語が上達するのでしょうか?

 

カタカナ発音と英語の発音は全く違います

日本語であるカタカナで、英語の発音を表すことはできないからです。

 

英語の読み方は、英語の発音記号でしか表わせません。

 

カタカナで読み方をふって覚えてしまうと、

 

日本語を言う時と同じ発音(カタカナ発音)が身に着いてしまいます。

 

日本人訛りとカタカナ発音は、同じでは?

日本人訛りがあるのだから、カタカナで読み方を覚えてもいいのでは?

 

と思ってしまいそうですが、日本人訛りの英語とカタカナ発音は全く異なります。

 

アメリカでも、地方によって訛りがありますし、英語にもアメリカ英語とイギリス英語がありますよね。

 

英語学習者も、日本人、東南アジア人、ヨーロッパ人といろんな地域の人がいます。

 

日本語で読み方をふるのと、非ネイティブスピーカーの発音の訛りは違うのです。

 

リスニングができなくなる

英語の正しい発音が出来なければ、正しい英語が聞きとれないので、

 

リスニングが困難になります。

 

発音記号を覚えよう

正しい発音を身につけることは、英語上達において重要です。

 

私は英語音声を聞きまくって音読しまくって、発音を矯正する練習をしたところ、

 

以前よりかなりスムーズに会話できるようになりました。

 

 

発音記号は複雑ですが、何度も調べて見るうちに覚えてきます。

 

最初は大変ですが、最初から正しい方法で発音を覚えるべきです。

 

正しい英語音声を聞き、発音記号を覚えましょう。