TOEIC試験の会場や雰囲気について

安いオンライン英会話を探している方におすすめ!
オンライン英会話「ぐんぐん英会話」無料体験日記

TOEIC試験の会場や雰囲気について教えてください

TOEIC試験の会場は学校などの公共の場所で、自分の住んでいる地域にもよります。

 

試験会場の指定はできません。

 

必ずしも自宅に近い会場になるとは限りません。

 

 

管理人が受ける会場は毎回同じで、自宅からバスで30分くらいの距離です。

 

受験者は、一人で来ている人がほとんどです。

 

自分が受けた時は、社会人が多かったです。

 

年配の方も数名いました。

 

 

試験会場の雰囲気は、他の資格試験などと同じです。

 

ぎりぎりまで勉強している人もいれば、欠席者もいます。

 

 

机の上には、受験番号が記載された紙と回答用紙が置いてあります。

 

試験前に、回答用紙に必要事項を記入します。

 

 

試験監督はだいたい2名です。

 

試験会場の規模や受験者数によって増えることがあります。

 

テスト中は巡回して監視します。

 

 

携帯電話の電源を切った画面を、試験監督に見せます。

 

リスニングテストはスピーカーを使用して会場全体に流します。

 

 

試験前に後列の受験者に聞こえるかどうかのチェックがあります。

 

試験中は筆記用具(鉛筆またはシャーペン)と消しゴムしか机に置いてはいけません。

 

 

TOEIC試験問題は非公開なので、試験終了後にすべて回収されます。

 

自宅への持ち帰りは禁止されています。